再生支援センターの団体概要紹介ページ

団体概要

ご挨拶

ひとつでも多くの笑顔に触れ合うために

再生支援センター 主幹事 加藤 義学

2011年3月11日の東日本に震災は世の中に大変大きな衝撃をもたらしました。
あらためて被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

復興問題、原発問題、欧州の金融不安問題等、我々を取り巻く環境が大きく変化している昨今、日本国内の市場環境は大きな革命期を迎えております。
市場環境は、不動産・金融情勢に大きな影響を与え、この革命期に対応していくためには、正確かつ最新の情報収集力と迅速な行動力が必要とされます。

私たちは、不動産・金融に関連する情報基地局として、有益な情報を提供していく事と、これらに携わる各分野の専門家の協働支援を行う事を目的に取り組んでおります。

不安を余儀なくされている方が、問題解決に関する数多くの手法から的確な手法により不動産再建と生活再建を同時に進行する「ワンストップ・ソリューションサービス」の実現を目的に各分野の専門家が集い、再生支援センターを設立しました。

この活動により『不動産・企業・生活』の不安から再生の実効性が高まり、社会に貢献出来るように取り組んでまいります。

再生支援センター 主幹事 加藤 義学

事業

  • 再生を目的とした各分野に携わる専門家の協働支援
  • 再生に関する情報提供およびその普及
  • 再生実務に関するセミナーの開催

倫理綱領

法令の遵守(コンプライアンス)
あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会規範にもとる事のない公正かつ誠実な活動を遂行する。
社会的責任(CSR)
社会を安全かつ健全なものにするために活動の質の向上を図り貢献する事に努める。
信頼の確立
高い倫理観に基づき社会的責任の重みを十分認識して、情報管理の徹底を行い健全かつ誠実に活動を遂行する。
人権および環境の尊重
お互いの人格や個性を尊重するとともに地域環境の保護を重視し地域との調和を図ります。
反社会的勢力に対する基本方針
社会の秩序や安全を確保するため、次の通り『反社会的勢力に対する基本方針】を定め、この方針に従った対応を徹底します。
  1. 反社会的勢力とは一切の関係を遮断します。
  2. 反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携の強化を図り、組織的かつ適正に対応します。
  3. 反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。
個人・法人の再生のことならお任せください!一緒に解決へ向かいましょう!